2018年12月19日 (水)

講演会・・さやさんへ

昨晩(12/18・火)は久しぶりの大手町・サンケイホールへ。三輪和雄さん主催の「正論の会」に
参加。講師は河添恵子先生、テーマは、今最もホットな「米・中貿易、情報、安全保障の全面戦争」でした。
河添先生の講演に参加するのは3回目。中国の地下教会への弾圧、司教の任命権への干渉など、欧米各国の
宗教心に手を突っ込み、キンペーさん「墓穴」を掘ったように感じました。「ペンス演説」は真剣そのもの
だったですし・・。

2018年12月16日 (日)

お困りの韓国へ・・・

つまりは、いまだに中華思想から抜け出せないのでしょう。東夷・西戎・南蛮、北荻という、
完全にファンタジーの世界で彷徨っているのです。プライドと、コンプレックスのコースターを
激しく上下して、ワーワー、キャーキャーと・・。

2018年12月13日 (木)

歴史の副読本・・有本さん

今月末刊の新刊『「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史』(産経新聞出版)の書影が
アップされました。この本では、『日本国紀』誕生の経緯だけでなく、今、日本の学校で使われている
一部歴史教科書の(恐るべき)内容と、『日本国紀』の記述を比べて、現在の日本の危機を浮き彫りに
しています。

歴史的事象への解釈や、歴史観は一つでなくていいと思います。しかし、歴史教育の立ち位置が「日本」
になくていいとは思いません。一体どこの国の教科書かというような現状は、まさに恐るべき事態だと
思います。

2018年12月 7日 (金)

赤坂の隠れ家で・・

赤坂の隠れ家的なGs'Barでのライブ、内輪のアットホームな雰囲気で始まりました。
I Dreamed a Dream ほか、クリスマスソングの軽快なメドレーを、大いに楽しみました。
入場前、隣のバーでビールとハイボール、塩漬けのオリーブで時間調整の後、入りましたが
今回2回目です。何とか無事帰宅したのは0:30でした。

2018年12月 4日 (火)

リベラルアーツ・中島岳志教授

先日ご紹介いただいた東工大リベラルアーツ専門の中島岳志教授、中々ご活躍で、今回注目の
外相・河野太郎氏を徹底分析され、参考になりました。嫌でも安倍after
を考えなければなりませんから・・。一番大事な国家観・歴史観はまだ未知数。百田直樹著:
「日本国紀」でも読んで欲しいですが・・ご存知の有本香さんが編集されています。

2018年11月29日 (木)

アルジェの戦い・・

フロント・ジャパン桜「C.ゴーン編」、高山節を拝聴しました。日産がピンチになる手前、私は
日産横浜の工場の改修工事をしばらく担当いたので、まんざらご縁がないわけでは無い・・1984年
日産から、何とビルマの「看護学校建設」に派遣されたのです・・今は昔。確かに当時も組合が強く、
手が付けられなかった(らしい)。確かに日本は、最後にアメリカに負けはしましたが、それまで大暴れ
してAA諸国の独立を助けた実績は誇ってよいでしょう。英、仏、蘭、皆しかり、です。そりゃ悔しかった
でしょうね。映画「アルジェの戦い」も、機会があればご覧ください。

2018年11月28日 (水)

元寇NO,倭寇YES?

月刊誌Hnada 2019年1月号で、百田直樹・有本香両氏の「日本国紀」を語り尽くす、か掲載され
これが興味深く読めます。中で「元寇」は侵略を意味する寇の文字が、中国やモンゴル人の気分
を害するかもしれないという配慮?で使わない一方、倭寇には使う、といったダブルスタンダード
を、平気で行う傾向がある現在の、日本の歴史教育を指摘するなど、大いに参考になります。
まだまだ、溜飲の下がる鋭い指摘がたっぷり・・。

2018年11月27日 (火)

潮目を変えた・・変わった

今や自己発信のこよなきツールとなったブログ、その威力は様々な方面で発揮され、今後益々磨きが
掛けられ、成長してゆくことでしょう。動画と、短くまとめた保守系の政治発言で、いまやその方面で
日本の舞台に躍り出た「カズヤチャンネル」のフォロワーの数は50万人以上・・という。カズヤ君は
今では若き日本保守系のヒーローです。

これは一流大学で、どんなに講義する大学教授の教育的努力の教育力を、軽く凌駕するものです。
恐るべき「教育力」といって過言ではありません。

今から数年前、まだお元気だった知の「巨人;渡部昇一先生」が、「大道無門」という衛星テレビの
番組で、馬淵睦夫さんに言った言葉を思いだします。「本屋雑誌に書くよりも、こんな小さいテレビでも、
テレビでしゃべったことは、視聴者の皆さん信用なさってくださうのです」と。そしてその他の
「討論番組」にも積極的にご出演なさいました。

その、先生の「教育的感化力、効果」は確実に日本の社会を変えつつあります。1960、70~80
年代の日本社会を覆っていた空気・風潮・・は確実に変わりつつあります。日本中に満ちていた反日・
左翼の風潮に対するアンチ・テーゼが、いまや逆転の動きを促進し始めたのです。その良い一例を上げ
れば、CH桜、虎ノ門ニュース、ねずさんの独り言、カズヤチャンネル、ニュース女子、徹の部屋、
・・と枚挙にいとまなし。

2018年11月26日 (月)

つつましい交友録・・?

"中川さん???昨夜は雨のなか本当にありがとうございました?すごくアクティブな1日を過ごされたのですね!
チェロのスペシャルゲストを迎えてのいつもとひと味違うコンサート楽しんで下さって良かったです??
先ほど美味しく都こんぶを頂きました(^O^☆♪"

@
久しぶりの東京でしたので明治神宮参拝、そして国立新美術館で「至上の印象派展」を見た後JZ・Bratにて
SaYaさんのライブという贅沢な段取りでした。ピアノの名手・塩入俊哉さんに加えて、サプライズ参加の
チェリスト・古川展生さんの熱のこもった伴奏も最高でしたが、勿論歌姫・さやさんの熱唱にも感激。
You raise me up は久しぶりでしたし、オペラ歌手のような歌い方にも感動。塩入さんの賛辞も本音だったし、
何より奏者のおっさん達が乗っていたのがよく解りました。今後も期待しています。

韓国の現状ー2018.11・26

韓国の現状(2018.11,26 CH桜・水島総*西岡 力の対談より)

1) 北朝鮮の農業・2018年は米、トウモロコシとも不作。年明けから餓死者が・・・?

2) 韓国内の空気・・我々は政治選択を誤ったのか?というMOON政権に対する
   失望感が漂ってきている。(今頃気づいたか、馬鹿め!)

3) 韓国軍に、もはやクー・デターを起こす力はない。

4) むしろ韓国の若手の中に、TRUTH FORUMなるグループが発生、よく勉強し
   保守派の学者などから、現代史を学び、真実を知り始めている。

5) 国民のデモで、朴クネ政権を倒した実績を積んだ。この力がいつMOON政権に向く  か?

   MOONは無理に「最低賃金」:を上げたので、賃金倒産が発生 経済がガタガタ・・。

6) 北は、南の韓国を経済ごとそっくりいただく算段だろうが、我々(アメリカ)はそれを
   許さない。廃墟にしてから出てゆく。

7) 日本は南北、特に南からの難民をどう拿捕し、どこに収容し、どう仕分けするか、押し
   戻して見殺しにするか、今から決めておかなければならない。甘い態度は間違いなく
   禍根を残す。

«救われない韓国・・